ピンサロ地雷体験談「和風サロン零(神奈川 橋本)」安かろう悪かろう

今回は、神奈川県(相模原市)の橋本駅にあるピンサロ「和風サロン零」で、超巨体の相手をした地雷体験をお届けします。

 

 店名 和風サロン零
オフィシャルHP http://www.rei-web.net/
 場所 横浜線、京王線 橋本駅
 掛かった料金 3990円 (30分)
 女性 フリー(名前は伏せる)
 女性推定年齢 20代前半
T:168 B:98(F) W:67 H:89
 写真信用度 フリーのため不明。パネルはなかったと思う
タバコ・墨・体臭 全てなし
 体型 細----
 満足度 ◎----×

訪問時期:2016年9月(店舗初訪問)

 

ちなみに、同じビルにある「イノセント女学院」の方でも後日、地雷体験をしましたので、そちらも興味のある方はご覧ください。

ピンサロ地雷体験「イノセント女学院(相模原 橋本)」フリーで入ったら極太嬢だった

2017.07.26

 

お店について

立地

お店の立地は、横浜線・京王線 橋本駅から徒歩8分ほど。

風俗ビルの、ひとつのフロアです。

京王線に乗っていると、橋本駅に着く直前にギリギリ見える位置にあります。

 

店内環境

店内環境は、大部屋をツイタテで区切ったフラットシートタイプ。

店内はそれなりに暗くしてあるが、ツイタテがそれほど高くないため、出入りの際に見ようと思えば他の客の様子を見ることはできる状態です。

 

お店についての総括

午前10時から昼の12時までは、3990円という驚異の価格。

 

どんなもんかと思い、試しに訪問してみたが、それが間違いのはじまりでした。

 

指名するとどうなるかはわかりませんが、少なくともフリーで入店すると、地獄を見る可能性が高いです。

事実、自分はトラウマレベルの結果となりました。
(地雷体験のネタとしてはおいしいですが)

 

地雷体験の経緯

平日の真昼間にも関わらず、入店した際に先客が3名いたので、それなりに客は入っている模様でした。

自分が入店した際、パネルが4枚ほどしかなく、めぼしい子は指名済みのようだったため、選択の余地なくフリーとなりました。

 

その後、プレイルームに入ったら、自分の相手ともう1人、合計2名の巨漢の女の子が見えました。

そして、おそらくフリーにしたであろうオッサンが、自分の少し後に入ったのが見えたのですが、もう1人見えた巨漢の女の子がそのオッサンの相手になっていました。

 

ちなみに、そのオッサン・・・ブースに入るのは自分より後だったにもかかわらず、ブースから出る時は自分よりも早かったです。

推測するに、そのオッサンもおそらく、巨漢の女の子を相手にして辛かったんだろうと思います・・・

 

今回の利用について、はじめに結論

自分が見た範囲では、女の子はかなり太目の子しか確認できませんでした。

 

そして、自分の相手の女の子は、プロフィールにある、身長168センチ、ウエスト67センチという事実が全てを物語っています。

とにかくデカく、そして太かったです。

 

細めの女の子が好きな自分は、そのような巨漢の子の相手をして、退店した後、橋本駅までの道のりが、とても辛かったです。

それは、惨めに思えるほどで、昼間の太陽が照りつける中、まさしくトボトボ歩くはめになりました。

 

ちなみに、この時の記憶を払拭するため、目の保養としてとにかくカワイイ子を見たいと思い、数日後にビデオボックスへ行きました。

そこで見た「鈴村あいり」ちゃんが、妙に可愛く感じられて、天使かと思えるほどでした。

 

良かった点

女の子自体、性格などは普通。

ひたすら太いが、不細工という感じではありません。

 

また、巨漢ゆえ、胸もやたらでかかったです。

 

それが、人によっては、良い点と言えるかもしれません。

 

悪かった点

悪かった点は、繰り返すようですが、ひたすら太かった点です。

 

その上、フェラのストロークが単調だったのも結構キツかったです。

 

イク時には、目を閉じて、妄想をひたすら働かせましたが、実際、イクのは結構大変でした。

 

また、乳首攻めがなぜか結構激しく、翌日くらいまでこすれるとヒリヒリする状態となったのも辛かったです。

 

プレイの流れ

それでは、実際のプレイの流れをお伝えします。

 

まず、このお店のコンセプトが和風ピンサロということで、浴衣のようなものを女の子が着ています。

 

ただ、その浴衣はすぐに脱ぎ捨てていました。

そりゃもう「その浴衣は太い体型を隠すため、あえてそのような衣装なんじゃないか?」と勘繰ってしまうレベル。

 

そして、少し女の子と話をしたのですが、この子はこのお店しか知らないとのこと。

周辺の駅はピンサロ激戦区なので、「まぁ、そうだろうな」と思いました。

 

プレイは、どこが感じるかを聞かれて、「特にない」と答えましたが、その後になぜか怒涛の乳首攻めがはじまり、「乳首はいいから、くわえてくれ」と頼んで、その後はなんとか発射できました。

 

まとめ

細めの女の子が好きな自分にとって、太いという事実は他の全てをかき消すほど、キツイということに気付きました。

安かろう悪かろうの店も世の中には必要であるとは思いますが、自分はもういいかなと思います。

 

 

おすすめできる方

デ○専
巨乳好き
とにかく安く抜いてもらいたいという方

 

おすすめできない方

女の子のスタイルに多少でもこだわるという方