オキニの風俗嬢が突然の退店。その時、私はどうしたか。

オキニの風俗嬢が突然の退店・・・

本当にショックですよね。

 

その気持ち、とてもよく分かります。

当サイト管理人も、以下のブログ記事に書いたオキニの子が突然退店してしまい、心にポッカリと穴が空いたような、辛く切ない気持ちを体験したことがあります。

ピンサロ体験ブログ「キラキラ(大和)」-近藤さんなど4人の体験談

2017.05.11

 

そんな辛く切ない”オキニロス”

オキニの身に何が起きていて、どのような可能性がありうるのか。

 

当サイト管理人がその時に陥った状況を踏まえて、色々と調べた情報をまとめておきます。

”オキニロス”に見舞われた人の少しでもお役に立てればと思います。

 

「風俗嬢GETプログラム」を買って試したら、ガチで風俗嬢と仲良くなれた件

2018.09.12

 

オキニロスはいつも突然に

ある日、突然、オキニの出勤が真っ白に

私の場合、それは突然のことでした。

それまで頻繁に出勤していたオキニの出勤予定が、ある日を境として真っ白になっていました。

 

そして、今までほぼ毎日更新されていた写メ日記も、ぱったりと途絶えてしまっていました。

慌ててネット上の掲示板を見ると、退店したのではないかという噂が流れていて、ひどく動揺したことを思い出します。

 

 

オキニの退店が突然の理由

このように、オキニの退店というのは、いつも突然のことのようです。

 

理由としては、退店の情報がオープンになってしまうと、客が焦って女の子に退店の理由や連絡先を聞いてしまうことがあったり、最悪の場合は常連だった客がストーカーになる可能性もあるということで、突然の退店となるようです。

 

また、もし退店する女の子が他店へ移籍する場合も、移転先を知らせてしまっては、そのお店の常連客が移転先の店に引き抜かれる可能性があるため、お店側としても退店の情報をオープンにすることはメリットがありません。

 

そのため、風俗嬢の退店というのは、いつも突然のこととなるようです。

 

オキニと最後に会った日のこと

ちなみに、私がオキニと最後に会ったのは、いなくなった日のたった3日前でした。

 

いつも通りの笑顔に、いつも通りの最高のサービス。

帰り際に「また会いに来るね」と言った時のうれしそうな笑顔もいつも通りでした。

 

その日のことを思い出すと、切なくなりますね。

 

オキニがいなくなった理由・その後の可能性

それでは続いて、オキニがいなくなった理由・その後の可能性です。

 

そりゃもう、様々な可能性を考えてしまいますよね。

私もそうでした。

 

この点については、以下のサイトが参考になりました。

【判明】意外と知らない風俗嬢のその後。みんな何してるの?『みっけブログ』

 

風俗嬢の卒業後は、次のようなケースとなっているようです。

第1位:お客さんと結婚して幸せに暮らしている

第2位:他の風俗店で働き始める

第3位:彼バレでやむなく一時休業になっている

第4位:夢や目標を叶えて人生を謳歌している

第5位:介護・看護の仕事に転職する

 

私のオキニがどのパターンだったか考えると切なくなりますが、なにはともあれ1位から順に見ていきたいと思います。

 

第1位:お客さんと結婚して幸せに暮らしている

まず第1位は、お客さんと結婚して幸せに暮らしているということです。

これは、衝撃ですね。

でも、意外と多いことのようです。

 

例えば、いわゆる”水揚げ”でしょうか。

借金を全部払ってもらって身受けしてもらうケースや、普通にお互い好きになってということもあるようです。

 

このパターンだと、オキニの子とまた会うことは厳しいでしょうね・・・

 

私のオキニも、所属していた店の姉妹店が新規オープンする時、客寄せパンダ役で一瞬だけ写メブログで復活したのですが、弟と呼ぶ相手(おそらく彼氏か結婚相手と思われる)とイチャイチャしているだけのブログ内容でした。

 

でも…それでも…幸せならOKです!(泣)

 

第2位:他の風俗店で働き始める

第2位は、他の風俗店で働き始めるというものです。

この場合、↓こうなりますよね。

 

* ゚ + 。・゚・(ノД`) <頼むから、どこのお店に行ったか教えてぇぇぇ

 

でもこのパターン、まあーーーー見つけられないですよね。

風俗店なんて星の数ほどありますし、関東⇒九州のように地域が変わったりしたらまず不可能。

 

どこか他の店で「お!今回の新人はなかなか良い子だねぇ」なんて噂になっているかもしれませんが、まず結びつかない。

これも相当の運がないとオキニと再会するのは難しいですね。

 

第3位:彼バレでやむなく一時休業になっている

第3位は、彼バレでやむなく一時休業になっているパターン。

 

ただ、このパターンは、どうせすぐ彼氏と別れるんで、また再会できる可能性が高そうですね。

 

こちらとしては↓こんな心持ちでしょうか。

 

うん、いつでも戻っておいで、待ってるよ^^

 

第4位:夢や目標を叶えて人生を謳歌している

第4位は、夢や目標を叶えて人生を謳歌しているパターン。

 

このケースは、お店でもトップ層にいた女の子に多いようです。

稼ぐ女の子ほど、何か目標を持っているもので、貯めたらさっさと辞めるとのこと。

これは一番かっこいいですよね。

 

ちなみに、私のオキニもナンバーワンだったので、このパターンもあるかなぁ・・・

たしか2年以上勤めていて、写メ日記を見る限り、割と質素な感じで貯金もしてそうだったからなぁ・・・

 

このパターンの辛いところは、やはり再会の可能性がかなり低いことです。

 

第5位:介護・看護の仕事に転職する

第5位は、介護・看護の仕事に転職するパターン。

 

風俗の仕事に耐えかねて移ることが多いようです。

介護・看護の仕事は、風俗業と共通する部分があって、特段、経歴なども問われないからでしょうか。

 

このパターンは、お店のランキングに入らなかったような子ほど多いようです。

ちなみに、管理人には、介護施設で所長をしている友人がいるのですが、その友人は介護業界に不釣り合いな新人の若くてカワイイ子と付き合って、そのまま結婚しました。

今思うと、その子、風俗から介護職へ変わってきた子だったかもしれませんね。

その友人は元々、風俗大好きなヤツでしたし。

 

 

オキニの風俗嬢の突然の退店後、あなたはどうする

それでは、オキニが突然退店してしまった後、みんなはどのようにして心の整理をつけているのかについて、ネット上で口コミを集めてみました。

 

  • 新たなオキニを探す
  • 風俗はしょせん一期一会と割り切る
  • オキニはもうつくらないようにする
  • もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対(?)

 

みんな、辛い思いを乗り越えて生きているということがよくわかります。

 

まさしくこの名言を思い出すようです。

『人はそれぞれ事情をかかえ、平然と生きている』

伊集院 静(作家)

 

うん、オキニロスで辛い思いを抱えても、それを乗り越えて平然と生きていくしかないんだね・・・(泣)

 

オキニの風俗嬢が突然の退店。その時、私はどうしたか。

ちなみに、管理人の場合、オキニの風俗嬢が突然の退店して、しばらくはかなりヘコんでいましたが、乗り越えるきっかけがありました。

その、オキニロスを乗り越えることができたキッカケはこれです。

 

出会い系サイトで風俗嬢の子と出会って、そのまま付き合うことができた。

 

というものです。

そして、その経緯は、以下の関連記事に書いてある通りです。

 

関連記事

風俗嬢とタダでセックスできた。管理人の体験談

 

正直、私の場合は超ラッキーだったと思います。

ちょうどオキニが退店してすぐのタイミングに、登録していたマッチングサイト上で連絡をし合えるチャンスがあって、そのまま彼女と付き合うことができたので本当にラッキーです。

 

↓私が実際に出会えた↓

 

風俗嬢と個人的に仲良くなれる方法を見つけた

そして、さらに後日談ですが、最近「風俗嬢GETプログラム」というもので風俗嬢と個人的に仲良くなれる方法を身につけて、オキニロスはすっかりしなくなりました。

(個人的に連絡を取り合える仲になれちゃうので)

 

このプログラムは結構高かったのですが、実際に買ってみたら本当に風俗嬢と個人的に仲良くなれるようになったので、本気でオススメです。

 

そのあたりの流れについては、この記事↓でまとめているので、風俗嬢と仲良くなる方法を知りたい方はチェックしてみてください。

「風俗嬢GETプログラム」を買って試したら、ガチで風俗嬢と仲良くなれた件

2018.09.12

 

オキニロスにならないために、まとめ

それでは最後にまとめです。

 

風俗での色恋はしょせん刹那的なものとは割り切っていても、どうしても情が移ってしまうのは男にとってしょうがないことですよね。

一方、風俗で働く女の子にとって、風俗店で働くことはやっぱりお金のためであって、いつかは風俗を卒業する日が来るのは間違いありません。

 

今はまだ、すぐ次という気分にはならないかもしれませんが、いつかは前へ歩みださないといけない時が来ます。

そうした時に、私がマッチングアプリで風俗嬢の彼女を作った方法や、「風俗嬢GETプログラム」で風俗嬢と個人的に連絡を取り合える仲になれるようになった方法など、私がオキニロスを乗り越えた体験が参考になれば幸いです。