梅毒と知りながら全国出稼ぎ中の風俗嬢がツイッターで話題に!梅毒の流行がヤバイ

梅毒 風俗嬢

今、梅毒の風俗嬢のことがツイッターですごい話題になっていますね。

 

なんと、広島・東京などを転々としながら出稼ぎしている風俗嬢が、梅毒と知りながらソープ・デリヘルに出勤して梅毒を撒き散らしているというものです。

 

しかも、今年(2018年)の2月から梅毒の感染に気付いていたものの、その時点で性病検査は1年ぶりだったことが判明してえらいことに。

これはもう、この風俗嬢がいつから梅毒になっていて、それからどれだけのお客さんに梅毒を感染させていたのか、計り知れないですね…

 

特に、今年の冬は梅毒患者が急増して梅毒が大流行しているということで、ヤフーや、毎日新聞、日テレなどで報道されていましたが、この子だけでなく梅毒を撒き散らしていた風俗嬢がたくさんいたのかもしれません。

 

【梅毒大流行に関する報道】

「梅毒」急増のナゼ? 正しく知って予防を|日テレNEWS24

「梅毒」の感染者が増加している。2012年に約900人だった患者数は5年で約6倍となり、今年は5000人を大きく超えている。

 

「梅毒の感染者が5000人突破 日本で広がる「特殊な事態」とは(市川衛) – 個人 – Yahoo!ニュース」

男性は25~29歳、女性は20~24歳で感染するケースが多い

 

「感染症研:梅毒患者5000人突破 都市部で目立つ感染 – 毎日新聞」

東京都が1705人と最多で、大阪府(788人)愛知県(325人)神奈川県(312人)など都市部で目立つ

 

梅毒は、最悪、死につながる可能性もある恐い感染症で、キスや、口腔を介した接触(フェラ・クンニ)でも感染する可能性があるということなので、ここ一年くらいで風俗を利用したという人は、性病検査をしておいた方がいいですね。

 

梅毒を撒き散らすツイッターで話題の風俗嬢

”梅毒を撒き散らす風俗嬢”について報告されたのは、「たんたん@ttantantann」さんという方です。

 

この方ご自身も風俗嬢のようですが、知り合いの風俗嬢が梅毒(さりげなくクラミジアにも)感染していたことを報告しています。

 

 

そして、問題なのは、この知り合いの風俗嬢が、自分自身の梅毒感染を知りながらも、その後も円盤(追加料金で本番すること)でガッツリと稼いでいたということです。

 

しかも、広島のNS(ノースキン)ソープに出稼ぎに行くなど各地を転々、直近では東京のデリヘルにいたところまでは知っているが、その後の消息は不明とのことです。

 

 

ヤバすぎますね
 ((((;゚Д゚))))

 

梅毒の恐い症状

ちなみに、梅毒の症状は、次のようなものとなります。

 

感染すると、約3週間で性器や唇などにしこりができる。

さらに、治療しないで3か月以上たつと、手のひらや足の裏などに発疹が出る。

ただ、しこりや発疹はしばらくすると消えてしまう。

 

しかし、しこりや発疹が消えたからといって、梅毒が治ったわけではない。

感染しても治療せずに数年から数十年たつと、脳や心臓に重大な合併症を引き起こすことがある。

場合によっては死に至ることもある。

 

しかも、一度完治しても、何度も感染を繰り返すことがあるから注意が必要だ。

日テレNEWS24から引用

 

うーん…

しこりができると言っても、気にしなければよくわからないですよね…

 

また、発疹が出ると言っても、手のひらや足の裏など目立たない上に、しばらくすると消えるというから、今は目立った症状が見えなくても、実は梅毒に感染している可能性があるというのは恐いですね。

 

心当たりのある方は、自覚症状がなくても性病検査をしておいた方がいいかもしれません。

 

性病検査、どうするのが一番いいか

ちなみに、性病検査をするなら自治体で受けるか、クリニックで受けるのが無難です。

 

性病検査キットもありますが、性病検査キットは自分で採血したりする必要があって結果が確実でないため、信頼できる機関で実施しておいた方がいいです。

 

ただ、自治体の性病検査もクリニックでの性病検査もそれぞれ注意する点があるため、一応お伝えしておきます。

 

自治体の性病検査で注意する点

まず自治体の性病検査についてですが、平日に地元の役所に行けるような人じゃないと実質的には利用できないです。

そのため、サラリーマンだとかなり利用しづらいというのは大きな問題としてあります。

(自営業者や平日に休みが取れる方はこの点はあまり問題ではないです)

 

この点は、自治体によって多少運用が異なるのですが、大体が地元の役所内にある健康保険センターで検査を受ける形となっているため、お役所仕事として土日は検査を受けられない上に、平日でも検査を受けられる時間が昼間とかである上、居住地の近くの地元で受診しなければならなかったりして、タイミング的にも場所的にも受けるのが難しかったりします。

 

しかも、電話予約が必要であったり、本人に結果を直接伝えるために、別の日(平日の昼)に改めて結果を聞きに行かなければいけないなど、とにかく役所の事情に合わせて動かなければいけないのが面倒です。

 

また、検査自体は匿名で受けられるのですが、結局、検査を受ける場所が地元の役所内なので普通に近所の人とかに見られたりする可能性がある点にも留意する必要があります。

 

クリニックで性病検査を受ける場合に注意する点

そして、もう一つ、クリニックで性病検査を受ける方法もありますが、クリニックで性病検査を受ける場合は、待合室で知り合いに会うと言い逃れできないというデメリットがあります。

 

当然、病院なので、他の患者がいる中、待合室で待たされたりするのですが、性病系のクリニックは大体が性病専門に特化したクリニックなので、知り合いに会うとお互い言い逃れできず、気まずい雰囲気が流れます。

 

また、性病クリニックの特性上、風俗店などが多い繁華街の近くにあるので、風俗系の女性や、そっち系のイカツイ方々なんかも次々に来院するという点もあります。

この点は、行ってみたら軽く驚いたくらいであまり大したデメリットではないですが、一応、留意してください。

 

ちなみに、私は新宿の性病クリニックで検査してもらったことがあるのですが、特段変なことや難しいこともなく終えることができたのでオススメと言えばオススメです。

 

「梅毒と知りながら全国出稼ぎ中の風俗嬢がツイッターで話題に!梅毒の流行がヤバイ」のまとめ

ここまでお伝えしてきたように、ここ最近では梅毒がかなり流行していて、実際に梅毒に感染しながらも全国へ出稼ぎまでして梅毒を撒き散らしている風俗嬢がいるということで、その怖すぎる実態をお伝えしてきました。

 

ちなみに私の場合は、今年に入ってすぐに梅毒の検査と合わせてノドのクラミジア・淋病の検査もしました。

私もそうなのですが、ノドがしょっちゅう痛くなるという方や、ノドに違和感があるという方は、ノドのクラミジアの可能性も普通にあります。

そこで、この機会に性病対応のクリニックへ行って、梅毒検査と合わせてノドの性病もチェックしておくと安心できるため、オススメです。